Addictive Drums2

Addictive Drums2

ドラム音源3強の1角!Addictive Drumsがパワーアップして登場!

数あるドラム音源の中でも圧倒的な存在感を発揮していたAddictive Drumsがバージョン2になって新登場しました。

 

輪郭のある立ち上がりの鋭いシャープなサウンドはそのままに、扱いやすく、また拡張できる楽器の数も多くなりさらに使い勝手が良くなりました。

 

ドラムトラックを極めるのにぜひ一度は使いたい、そんな音源です。

 

 

Addictive Drums2,使い方,インストール,価格,打ち込み,方法,レビュー

 

 

XLN Audio Addictive Drums2 基本データ

 

種別:ドラム音源

 

価格:オープンプライス

 

動作環境:公式サイトを参照

 

 

 

 

あらゆるところに隙が無いサウンドでありながら、音楽的に馴染む。

まずはAddictive Drums2がどんなサウンドなのかを公式サイトのデモで聞いてみましょう。

 

公式サイトのデモサウンド

 

 

Addictive Drums2は初期で入っているパーツに加え、個人の好みや用途によってあらゆるサウンドを追加できるのが最大の強みです。
例えばメタルに最適なパックや、ラウド系に最適なパック、またエレクトロ系に最適なものやパーカッションに特化したものまであとから追加できます。

 

これによって音楽の幅も非常に広いものになるのでドラムトラックの作成が楽しくなることは間違いありません。

 

さらにドラムトラックの制作を楽しくしてくれる要素としてサウンドのエディットがかなり綿密に出来ることです。

 

 

Addictive Drums2,使い方,インストール,価格,打ち込み,方法,レビュー
※Addictive Drums2の拡張音源【Black Velvet】を使用している際の画像

 

例えばキックを鳴らした時にスネアのスナッピーに音が共振してじゃりっという音が鳴ることをBazzというのですが、その度合いも調整出来たりします。
全くバズが鳴らない状態やかなり鳴る状態などに出来るので、好みに応じて調整できます。

 

またドラム本体だけでなく部屋鳴りをマイクで録音したようなルームアンビエンスも加えられるのでよりリアルさが出ます。

 

これだけエディットができ、冒頭でもお話ししたように、音の立ち上がりがよく素直に輪郭あるサウンドで鳴ってくれるので他の音源との相性も気にする必要はありません。
どこのメーカーのどんな楽器とでもばっちり相性が合います。

 

ドラムに必要なものを網羅して隙が無いサウンドですが、音楽的にそういった使いやすさがあるので私は個人的にかなり重宝しています。
特にBlack Velvetを好んで使います。

 

素晴らしいドラムトラックを生み出せる道具は全てここにあります。全ては使う人のアイディアと工夫次第です。

Addictive Drums2の購入

Addictive Drums2の購入はこちらから

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Top Information Profile Gallery Contents Link