Ministry Of Rock

Ministry Of Rock

パソコンでバンドサウンドを求めるならまずはMinistry Of Rock!

ギター、ベース、ドラムとバンドサウンド基本の3つの楽器がまとめて入手できる音源です。
Ministry Of Rockは現在バージョン2が発売されていますが、私の手持ちが1の方なので1をご紹介します。

 

Ministry Of Rock,使い方,インストール,価格,打ち込み,方法,レビュー

 

 

Ministry Of Rock 基本データ

 

種別:ギター・ベース・ドラム音源

 

EASTWEST PLAYで動作
※要iLOK Key

 

価格:オープンプライス

 

動作環境:公式サイトを参照

 

 

どんなサウンドが出せるのか?

Ministry Of Rockは、それさえあればバンドサウンドを完全に作り上げることが出来るソフトです。

 

どんなサウンドが鳴るかを公式サイトで聞いてみましょう

 

公式サイトデモソング

 

 

素晴らしいサウンドです。
迫力もあって音の粒や輪郭も申し分ありません。

 

迫力あるバンドサウンドを手軽に作りたい方には非常にお勧めしたい音源です。
Ministry Of Rock,使い方,インストール,価格,打ち込み,方法,レビュー

どんな人にお勧めなのか?

Ministry Of Rockは高品質なサウンドはもちろんですが、なんといってもそれ単体で3つの楽器を持つことが出来るのが強みです。

 

ただし、私個人としては簡単なバンドサウンドを作りたい人におすすめしたい音源だと思っています。
その理由はいくつかあります。

 

  1. 他の楽器単体で出ている音源より演奏における表現の種類が圧倒的に少ない
  2. 自分自身でギターの歪を調整できない
  3. ドラムトラックの音色の細かいエディットなどは出来ない

 

 

1つで3つ揃うというのはとても素晴らしいメリットであると同時に、ひとつひとつの楽器に対しての表現手法が圧倒的に少ないのが弱点です。
例えばギター音源で言えば当サイトでも紹介しているV-MetalSCなどはギターの音色しか出せない代わりに、楽器本来が持つ表現手法が非常に多く収録されています。

 

そして次にギタートラックで言うと歪系の増減を自分では調整することが出来ないので、使える曲調が限定されてきます。
パワーコードで簡単にリフを弾くトラックなどでは素晴らしい威力を発揮しますが、細かい作り込みの点で言うとかなり弱いです。

 

なのでデモサウンドをとにかく作ってみたい、バンドサウンドを手軽に表現したいという方には向いていますが、DTMで超リアルなバンドサウンドを緻密に表現したいという方は別の音源を単品で揃えた方が良いかもしれません。

 

ただし、弱みでもある最初から歪がかかっているという点は、裏を返せば自分で試行錯誤してアンプシミュレータを触る必要が無いのでDAWにかける負荷が少ないのと、作り込みをしなくて良い分作業が格段に楽だというメリットがあります。

 

1つで3つが完結するという費用対効果は抜群なので、使いどころによって分けていきたいですね。

 

現在はバージョン2の登場で1を入手する必要性はあまりありませんので、使ってみたいなという方はMinistry Of Rock2を試してみてはいかがでしょうか。

Ministry Of Rock2の購入

Ministry Of Rock2の購入はこちらから

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Top Information Profile Gallery Contents Link