Trilian

Trilian

ベース音源の最高峰【Trilian】!ベースひとつで圧倒的なボリューム!

ベースのみで圧倒的な存在感を放つ音源と言えばSpectrasonicsのTrilianです。

 

アコースティックからエレキまでベースだけで多くの種類を収録しており、その各ベースに対して様々な音の種類や演奏方法が収録されているのでベースのトラックは本当にこれさえあれば1〜10まで完結できてしまいます。

 

アンプから収録した音とベース本体からダイレクトで収録した音の2種類をミックスして出音も可能ですし、どちらか片方だけを出すことも可能です。
このベースへのこだわりが素晴らしいソフトシンセをご紹介します。

 

Trilian,使い方,インストール,価格,打ち込み,方法,レビュー

 

 

Spectrasonics Trilian 基本データ

 

種別:ベース音源

 

価格:オープンプライス

 

動作環境:公式サイトを参照

 

 

 

 

ベーストラックメイキングなら迷わず立ち上げる。即戦力音源。

Trilianの音の良さは圧倒的です。
ベース専門音源らしく種類も豊富で曲調によってベースそのものの音を変えていけるのでとても重宝できます。

 

まずは公式サイトのデモサウンドを聞いてみましょう。

 

公式サイトのデモサウンド

 

 

よく巷で言われるのはアコースティックサウンドが素晴らしいということですが、それは本当です。
私はTrilianを手に入れるまではアコースティック系のベースサウンドというのは実は使ったことが無かったのですが、あまりにも素敵な音色だったので使ったことが何度かあります。

 

そしてエレキベースに関しても綿密にサンプリングされた高品質なサウンドが満載です。
個人的にはフェンダーの音が大好きです。

 

それもそのまま使うのもありですが、わざとアンプシミュレータで歪ませて使うのが好きです。
そう、Trilianは冒頭でも申し上げたようにベースからのダイレクトの音もサンプリングしているので好みのアンプシミュをかけることも可能なのです!

 

こうしたユーザーの幅広い要望に素直に答えてくれる音源というのは貴重で、なかなかありません。
私が種類を選ばず場面を問わず使えるなと感じた音源はAddictive Drums2とTrilianでしょうか。

 

ベースは大抵の曲で使用しますし、どんな音楽でも調整を加えて対応できるのでまず1本持っておいて損はしない音源です。

 

Trilian,使い方,インストール,価格,打ち込み,方法,レビュー

使い勝手をユーザー目線で見る

こうした大ボリュームの音源というのは複雑なことがよくあります。
まずどこにどの音があるのか分からないというものですね。

 

でもTrilianはその辺りは非常にすっきりしていて、最初からカテゴリ分けがしっかりされているので目的の音に辿り着くまでには時間はかからないと思います。

 

演奏中の表現はベロシティの強弱とキースイッチで操作できます。

 

この辺りはEASTWESTなどの音源でも定番の方法なので、持っている方からすると非常に分かりやすいです。

 

もしキースイッチでの操作が初めての場合でも大丈夫です。
どこにどのサウンドが入っているかはTrilianの画面に記載があります。

 

 

音色のエディットに関しても分かりやすいです。
アンプとダイレクトの音量調節を基本的には行うだけで十分だと思いますし、良いバランスで最初から調整されているのであまり触るところはないかもしれません。

 

また音源の中にエフェクターも内蔵されているので、簡単に味付けすることも可能です。
まさに至れり尽くせりですね!

 

強いて不満点を挙げるとすれば音色の読み込み速度くらいのものでしょうか。
それもあえて言えばの話なので十分許容できる範囲です。

 

これだけの大ボリューム音源にしては意外と軽い動作なのも魅力のひとつ。
とりあえずベースにはこの音源を使えば間違いないと思わせてくれる、貴重な音源です。

Spectrasonics Trilianの購入

Spectrasonics Trilianの購入はこちらから


ホーム RSS購読 サイトマップ
Top Information Profile Gallery Contents Link